「解除」の地域と「継続」の地域 これからどうなる?

時にはマジメに!時事
この記事は約4分で読めます。

関西圏が「緊急事態宣言解除」されたことについて書いています。北海道や関東圏はいまだ「継続」。それについても触れていますが、わたしは関東圏に住んでいる為、北海道には一切触れていません。※北海道の方ごめんなさい。

関西圏が緊急事態宣言解除について

関西圏が緊急事態宣言解除されましたね。関東圏は・・というと、まだ『継続中』

ほんと、らしますね^_^;)

はっきりいってすっごく「うらやましい!!」

大阪府知事の会見を聞いていますと、以下の通りのようです。

解除飲食店の時間制限を解除
床面積1000㎡以上の大型遊園地やパチンコ店も休業要請解除
解除見送り集団感染が起きたライブハウスや夜の接待を伴う飲食店
外出自粛も緩和対策をとって外出を。

「京都と兵庫も大阪と歩調を合わせる」そうです。

つまり、関西圏は集団感染が起きた施設を除き、ほぼほぼ解除!外出についても「マスクをしたりソーシャルディスタンス(社会的距離)を保つ」などの対策を取った上での外出を求めていて実質「外出自粛も解除」のようです。

大阪府知事によりますと、「コロナと共存する第二ステージに進んだ」そうです。

「コロナと共存する」というのはともかく、緊急事態宣言や外出自粛が解除されるのは

うらやましい!実にうらやましい!

関東圏は「継続」

関東圏は・・・というと

継続!緊急事態宣言のまま。

いいかげん疲れた感が・・・外出自粛を無視して出かけたところで、お店はどこも『休業中』ですし。

「はぁ~白髪、染めに行きたい」
日々、白髪の範囲が増えていっているんです~

政府によると解除の目安は以下の通り↓

解除の目安直近1週間の感染者数が人口10万人あたり0.5人程度以下

で、1都3県の状況は以下の通り(5/21時点で)

埼玉/千葉基準値以下
東京/神奈川基準値超え

埼玉と千葉は基準値をクリアしているのですが、東京と神奈川はクリアならず・・・

しかたないと言えば、しかたないですけどね。

埼玉や千葉に住んでいても、東京に通勤している人は大勢いるでしょうから。

東京も神奈川も全部ひとくくりで考えないと、また「感染が拡大してしまう」ことになるかもしれませんし。

安倍さんによると「週明け5/25日に専門家の意見を聞いて解除するかどうかを判断する」そうです。

が、どうなることか。

とにかくわたしは

白髪を染・め・た・い!のよ~

解除されても厳しい現実が・・・

ニュースを見ていますと

関西圏も解除されたからと言ってすぐに活気が「元のように戻る」というワケでもないようです。

たとえばプラネタリウム
席がほとんど「使用できません」の貼り紙がしてあって、責任者の方に話を聞くと
「解除されたからといって、すぐに元のように営業することはできない。もしクラスター(集団感染)が発生してしまうと全部パーになってしまう」
ということで解除されたからといって決して油断できる状況ではない、ようです。

トンネルの先に光が見えた、というところでしょうか

解除されても無条件で喜べるワケではなく、「慎重に営業をし様子を見る」という感じ。大阪府知事のいうように「コロナと共存」は、なかなか難しいし厳しい現実に直面しますね。

わたしなんかは「解除されていいな」と単純にうらやんだのですが

「白髪を染めに美容院へ行きたい!」

というのは、ただのワガママでした。

反省します。。。

いずれにしても関西圏は「解除」されましたので、これからどんどんと活気を取り戻していってほしいです。「コロナと共存」しながら・・・

この先どうなる?

関東圏は依然として「緊急事態宣言継続中」なのですが、これは果たして「大丈夫なのかな」と心配になります。

わたしも・・ですが、コロナの影響により失業してしまった人がいます。もっと厳しい状況に追い込まれている方たちも。お店などを経営していて倒産に追い込まれる人も増えているというニュースを聞きました。実際わたしも銀行へ行こうとして街へ出た時に、「そういえばいつもやっているカフェやドンブリ屋さんはどうしただろう」とちょっと気になって通りすがりに様子を見てみました。そしたら、お店のドアに貼り紙がしてありまして「都合により閉店します」の文字が・・・

あまりに長く「休業要請」が続けば、当たり前のことですが倒産してしまう企業やお店が増えます。家賃や光熱費などの固定費は毎月掛かります。給付金をもらっても家賃にも届かない、というところも・・・それでももらえないよりはマシでしょうが。

「Save life」と言っていますが、本当に命は守れるのでしょうか?

今日はちょっとマジメに時事問題について考えてみました。

🍀おわり🍀

コメント

タイトルとURLをコピーしました